ダイビングのテーマ

海から上がると丘でも年がら年中風の吹き荒れている沖縄ですが、四季の中でも秋・冬は一際荒れ、海上では尚のこと風を感じますので、熱を出したりしないよう注意を払ってくださいね。

「ダイビングのテーマを確立したい。真面目に浸りたい!」と思っている人に海中の不思議な力を手に入れる“ダイバー”ライセンスの行程があります。

沖縄の県庁所在地である那覇から西の方角へ約15kmのチービシ環礁は神山島とクエフ島、ナガンヌ島の3島から成り、3つの中で一番広くて大きい島が渡嘉敷村のナガンヌ島。素晴らしい海と陸のコントラストを拝める美麗な島です。

ダイビングに触れたいくつな日常をエンジョイしましょう。思いがけずスキューバダイビングの素晴らしさを実感したらどんな人でも夢が違ってきます。

「ダイビングのメッカ沖縄の12月~3月の海は透き通っているのですか?」と旅行者に尋ねられる人もいるようです。紀伊半島も凍てつく冬の季節がかなり透明感が高くなります。

これから始めようと思う人から体験したい主要な男性のダイバーに気に入って貰えるコンテンツの豊富性も人気の一部のなります。

少ない人数で肩のこらないおもてなし、安心安全で満足できるダイビング技術を目指しますのでみなさんも問題なく始められます

マングローブの樹林へ出発。奥深いマングローブの待つ生命に満ちたジャングルツアー。スピードボートで沖縄の紅樹林(海漂林)の鬱蒼とした林を鑑賞しませんか?

鋭角にカーブを切る時や大きな波が来た時は、強く体が動いたり振り落とされることもしばしば。手間なく危険の少ない状況で臨めるだけでなく、スリルも感じられる人気のマリンスポーツです♪

ダイビングの技を本格的に意識するための興味深い話、海底の不思議な力を心おきなく酔いしれることのできるダイビングを提供します

ダイビングのつわものは「ダイビングの回数が豊富である」「ダイビングがプロ並み」と噂されるぐらいではなることはでいません。

澄んだ海の中を自由気ままに水と遊び、色とりどりのお魚たちと出くわすことができる。本当に想像したこともない経験ができるのがスクーバダイビング。

頬をなでる暖かい風、気持ち良い川のせせらぎ、楽しそうな鳥の鳴き声。それ以外の異音は少しも存在しない。両岸に連なる紅樹林(海漂林)は、いわば絵に描いたような南国の風景である。

ダイビングをを始める時には、最初にダイバー用7点セットと紹介されているスノーケル、マスク、フィン、あとはスーツ、グローブ、ブーツ、メッシュバッグは揃えておいた方が安心です。

沖縄旅行の記念品として名高い魔除けのシーサーを自分で作れたらいいと思いませんか?どんな表情に仕上がるかはあなたにしか分かりません。他所では巡り合えない個性的なお土産になること間違いありません。